上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山口です。いつもありがとうございます。
今日は地域の活動のご案内を

輪西きらきら応援団募集中!

「この街・輪西を輝かそう」と輪西商店街振興組合が昨年導入した6000個のLEDも今年は2000個をめどに増やしてとの計画。その資金は例年各商店街メンバーからの寄付金で運営されてきたものを応援団員にて募集!。輪西にゆかりのある方や応援したい方を含めて大募集!

とのことです。

イルミネーションの画像はこちら

僕も輪西のいろんな方にお世話になっていますし、おばあちゃんが輪西で旅館をしていたこともあり、
こういう活動にはぜひ協力させていただきます!


きらきら応援団会員証もいただきました。No.18!

「山口くん結婚してるのかい?」
「いえ、まだです。」
「じゃあこれだね!」


なんとボルタくんのプレゼント!・・・なるほど!No.54「告白するボルタ」(バックにしっかりポストカードもいれてアピール)

「え?いただいていんですか?」
「3口以上はプレゼントなんだよ」

会員証もボルタのことも知らないで申し込んだからかなり得した気持ちに!

輪西を越えて室蘭、西胆振と輝やかせてくれるといいですね★


それでは今日から12月ラスト1ヶ月、バリバリ働きますよ~!
みなさんもお身体や路面にお気をつけて!
スポンサーサイト
わくわくしてますか?正太郎です。

西胆振大発見サイトぽこっとトップページでは、現在第六期としまして
ムロランワニシのボルトマンこと通称ボルタくんのスライドショーを
お送りしています。

ボルタとは、ボルトやナット、ワッシャーなどを半田づけしたボルトの
人形のことです。
ボルタは2005年12月から販売され、今年9月に100種類のポーズを
達成し、各ポーズには全てボルタの秘話が付けられています。
それによるとボルタはドジで、飽きっぽく、しかし音楽のセンスだけは
人並み以上にあるとのこと。
ぽこっとでは、ギャラリーのプロフィール欄にこの秘話を掲載させて
いただきました。ギャラリーはこちら

室蘭ではすっかりおなじみとなったこのボルタくん、現在室蘭市内は
もとより新千歳空港や札幌市内でも購入できるそうです。
またボルタ工房や市内の書店等では、ボルタのポストカードも販売
されています。
ぽこっとトップページの写真のいくつかも、このポストカードを
お借りして掲載させていただいております。

制作しているのは室蘭輪西町を拠点に活動するてつのまちぷろじぇくと
通称テツプロのみなさんです。
ボルタについて、テツプロについての詳しい情報はテツプロHPを
ご覧ください。テツプロホームページはこちら

年の瀬もせまってきましたが風邪などひかぬよう、素敵な年末をお過ごしください。
では、また
IMG_0524_R.jpg
わくわくしてますか?正太郎です。

現在「西胆振大発見サイトぽこっと」では、トップページ
第三期としまして、野生動物の写真を中心にお送りしております。

北海道の南西に位置する噴火湾には、毎年5月下旬から
6月初旬にかけて1000頭あまりのカマイルカが繁殖のために
やってきます。
その後いったん散り散りになり夏を過ごすと共に繁殖をし、
8月中旬にまた群れとなって去って行くということです。
また、室蘭市のキャラクターにもなっているクジラは、
イルカ・クジラウォッチングの際には3割くらいの確率で
年中確認することができるそうです。(ミンククジラの場合)

「噴火湾は、カマイルカにとって生まれ故郷というかけがえの
ない場所であることを知ると同時に、いつまでもイルカや
クジラたちが集う海であるように守っていかなくてはならない、
そんな気持ちにさせられます。」
(イルカ・クジラウォッチングNAVIより抜粋)

来年もまた元気な姿で、わたしたちを和ませ楽しませて
くれることを願っています。

では、また
RIMG0775_R.jpg

冬の気配、北海道の秋は足早に過ぎていきます。
わくわくしてますか??正太郎です。

10月1日より北海道は西胆振を代表する野生動物の写真を
中心としたフォトスライドを「ぽこっと」トップページにてご紹介
させていただいております。
作家の方々が写し取った代表的な風景も素敵ですが、身近な
野生動物という観点から自分の生活する地域を見つめ直す
ことで、また新たな大発見・再発見があるのではないでしょうか。
みなさんの周りにはどんな野生動物がいますか?

RIMG0611_R.jpg

室蘭市は全国でも数百羽とされるハヤブサが、海岸線の
断崖に8つがい16羽が一年を通して生する、日本有数の繁殖地。
隣の登別市を含めると22羽ものハヤブサが、室蘭周辺の海岸線に
生息してます。(室蘭の自然と文化より)
人間や外敵が容易に近づけない断崖が連なっていることと、
餌となる渡り鳥たちが多いことが、大きな理由のようです。

室蘭市、特に測量山周辺は知る人ぞ知る渡り鳥のメッカ。
今年の秋はハヤブサに想いを馳せながら、渡り鳥を探して
みるのも良いかもしれませんね。

では、また



わくわくお過ごしですか??正太郎です。

はやいもので9月も後半に入り、トップページスライドショー
更新の時期が近づいてきました。
現在、10月1日の更新を目標に、新たな作家さんたちに
お会いして作品掲載のお願いをしています。
第三期目は室蘭でみることができる野生動物の写真作品
ご紹介できそうです。
今日は今回作品掲載を引き受けてくださったお二方を少しだけ
ご紹介したいと思います。

一人目は室蘭の外洋でみることができるイルカクジラの写真を
主に撮られている吉田孝哉さん、そして二人目はハヤブサ
中心に野鳥や植物・風景などを撮影しているプロカメラマンの
熊谷勝さんです。

お二人とも被写体となる野生動物や、西胆振の自然について
様々なお話をきかせてくださいました。
トップページが更新されましたら、イルカクジラハヤブサ
渡り鳥について、お二人にお聞きしたお話をこのブログでご紹介
したいと思います。

いつも感じていることですが、大切な作品を提供していただいている
作家の方々に、そしてすばらしい人との出会いにこころから感謝して
おります。

では、また

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。