上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イベントのご案内です。

第19回 手わざ展
ものづくりの心技を

◆会期◆
2009年2月4日~9日(最終日3時迄)

◆会場◆
丸井今井室蘭<7階 特設会場>

あんまり写真載せると行く楽しみがなくなると困るので軽く紹介です。


表具 大澤幸一郎さんの作品です。歴史と実績に裏打ちされた伝統技術を創作作品で表現されています。創業百十数年の成せる技でしょうか。「伝統技術を守り伝えてゆくことと、新たな可能性を追求していきたい」とおっしゃっています。


凧絵 笹山恵弘さんの凧です。ぽこっとで紹介させてもらっている「お食事処味しん」の店長でもあります。焼きそばも凧もうまく作れるなんてずるいですよね。
「凧は平和の象徴。戦争のないところでしか凧は揚げれない。」いろんなところで凧を揚げられています。「今年は景気悪いから大黒様書いてみたよ!」って言ってました。拝むといいことあるかもしれませんね!


ところでどうして会期前に写真撮れているのかというと・・・


なんとLANも今年は展示です!

代表の大澤さんに

「手わざ展に出してみないかい?」

「いえいえ、職人じゃないですし。僕がデザインしてるわけでもないですし・・・」

「看板屋さんもいるし俺はそういうのもありだと思うぞ。これからの技術だし。」

「・・・じゃあ何かのご縁なので。」

ということでパネルと情報誌を展示させてもらいました。
かなり即席パネルですし、やっぱりちょっと浮いてるような気がしないでもありませんが、出すと決めたらからにはしっかりアピールしてきました!手わざの会員の方を2名紹介させてもらってますしね!


先週からパネルを作ってて思ったことは、

1990年より19年間、技術力を地域の歴史と文化として表現するために集まった職人集団の手わざ展に出展させていただいて光栄なこと。

そしてこのような人たちの魅力を表現するのが僕の仕事であること。

会場に展示しているもの、インターネット上で公開しているものは、LANだけで創り上げているものではなく、素晴らしいデザイナー、webページやシステムを構築してくれる人、プロジェクトで協力してくれている人たちと一緒に創り上げているものだと改めて実感しました。そんな人たちと一緒に仕事できていることへの感謝の気持ちでした。

第19回 手わざ展
ものづくりの心技を

◆会期◆
2009年2月4日~9日(最終日3時迄)

◆会場◆
丸井今井室蘭<7階 特設会場>


是非お越しを!!丸井さんも大変な時期ですが、たくさんの人が訪れることの願います!
それでは今日はこのへんで。

山口
スポンサーサイト
TOPのスライドショーで写真を提供していただいている池内さんより、写真展募集要項の掲載依頼があったので紹介させていただきます。

全日本写真連盟室蘭支部
「創立40周年記念課題むろらん写真展」
募集要項

<応募内容>
一般部門
第一部 自由作品  風景/風俗/他
第二部 室蘭市内で撮影した作品に限定(室蘭市内と分るもの)

携帯写真部門
家族や友達、ペットなどのスナップ写真に限定

※作品については、全て未発表で一年以内に撮影されたものに限る。
応募作品・カラーか白黒のいずれかプリントのみ(組み写真は不可)
サイズは四つ切/A4のいずれか/携帯写真は2Lに限定

<受付>
平成20年8月11日(月)~9月1日(月)

<発表>
平成20年10月中旬予定
入賞及び入選者は、朝日新聞紙上/室蘭民報紙上/本人への通知

<受付先>
室蘭観光協会/カメラのキタムラ宮の森店・ポスフール登別店/カメラのアサヒ堂幌別店/カメラのギンレイ社輪西本店・イースト店・アーニス店/カメラのヒラマツ伊達本店・室蘭長崎屋店・中島長崎屋店

上記以外の受付(申し込み先・問い合わせ)
    0143-59-7508
    〒050-0054 室蘭市白鳥台1丁目2番6号
    池内 宏好(全日本写真連盟室蘭支部・支部長宅)

審査員・全日本写真連盟関東本部 委員長 林 喜一 先生

<賞>
(一般部門)
最高賞/朝日新聞社賞  1名(トロフィー、副賞と金5万円)
推薦・40周年記念特別賞 1名(トロフィー、エプソンプリンタPM940もしくは相当品)
推薦・室蘭観光協会賞   1名(トロフィー、副賞1万円)
特選・審査員賞/室蘭写真連合会賞/全日写連賞/月刊ほっかい社賞/アイゼン商会賞5名(楯、副賞と金3千円)
準特選・5名(楯と記念品)

(携帯部門)
全日写連室蘭支部賞 1名
審査員賞 2名
40周年記念賞 3名(賞・入選は全て賞状と副賞)
入選・一般部門/ 第一部20~30名  第二部10名~20名(応募点数による)
携帯部門/20名~30名(応募点数による)
※一般部門の上位入賞者は半切額装、もしくはパネル貼り(自費/展示会用)をご用意ください。
応募点数・各部門 各部 いずれも10点以内

<応募料>
・一般部門/第一部・第二部・両方応募も同金額(2,500円)
・携帯部門/(1,000円)
※支払は同振込用紙で振込、受け取りをコピーして作品と同封の事
(振り込み用紙の受領コピーがない時は無効となります。)

<第57回室蘭市民文化祭での展示>
入賞・入選作品の展示会・第57回室蘭市民文化祭で展示します。
会場:室蘭市文化センター  大展示室
日時:平成20年11月20日(木)PM1:00より 
   平成20年11月23日(日)PM4:00まで
表彰式・平成20年11月25日(金)全日写連室蘭支部 月例会場(NHK会議室)

<主催>
全日本写真連盟室蘭支部
<後援>
朝日新聞社/エプソン販売(株)/室蘭写真団体連合会/(社)室蘭観光協会/(株)月刊ほっかい/アイゼン商会


池内さんの写真を何点か紹介させていただきます。
 
 

詳しくはギャラリーにて

今回は初の試みとして携帯での募集もして幅広い層に写真を撮ったり、見てもらったりなどといった楽しさを知ってもらいたいそうです。
友達と交換し合ったり、ネットに公開してみたり、今はいろんなことができますよね。
地元の素晴らしい写真がたくさん応募されること願います!

山口


音奏 - オトカナデ - 2nd LIVE   ~夏の想い音~

[日程]
2008年7月21日 (月曜日・祝日)
Open 13:00  Start 13:30


[場所]
NHK室蘭放送局 イベントスタジオ1(3F)
室蘭市山手町1丁目3-50


[見どころ] 
オカリナ・SAX・ピアノ・唄etc..型にとらわれずに、心から気持ち良いと想う音を心で奏でるLIVEです。

皆さんが知っている曲はもちろん、オリジナルも演奏します。夏の日の午後、会場の皆さんと一緒に、気持ちいい素敵なひと時を作りあげたいと思っています。

是非お越しください。       


[主な行事予定]
2008.12.21(予定) サンタの会 僕らの音楽会~サンタになろう~ 


[お問い合わせ]
代表 太田 亜紀子 0142-75-4888
主催者:音奏
事務局・連絡先:加藤  0142-75-4888
春から芸術活動に専念するために、LANを旅立った坂本正太郎たちが企画したイベントのご紹介です。

チラシ


霞 cascade 展

日時
2008年7月5日(土) AM10:00~PM10:00
2008年7月6日(日) AM10:00~PM5:00

開催場所
むろらん浜町アーケード1丁目空き店舗前及び空地
(室蘭市民美術館を支える会SALON)

イベント内容
・彫刻・絵画・インスタレーション作品のライブ制作
・店舗跡空地にて、来場者参加型のワークショップを展開する。
「廃材に絵を描こう」(5日・6日)
「オーブンベイククレイ」(6日)

お問い合わせ
霞-kasumi- 代表 坂本正太郎
oniijirion21@hotmail.co.jp
TEL/FAX0143-23-2540
携帯電話090-1380-9621
みなさんお久しぶりです。山口です。
イベント2つ告知いたします。


光と音の七夕祭
http://pocotto.jp/event/lay_s_star_fes.html

前回大好評だった「光と音の満月祭」。光のアートプロジェクトのイベント第2弾です!
今回はサミットに合わせて開催です。どんなイベントになるか楽しみです。
詳しくはイベントのページをご覧下さい。


リレーフォーライフ北海道2008イン室蘭
http://pocotto.jp/event/relay_for_life.html

リレーフォーライフとはアメリカで始まったがん患者のためのチャリティーイベントです。
がんへの理解、啓発、追悼などが目的です。
「患者は24時間病気と闘っている」とのことで24時間患者やその家族、支援者が
リレーをしながらトラックを歩き続けます。

北海道では初の開催となります。初の開催が室蘭とはうれしい話ですね。
個人的な話ですが、縁がありまして、途中から実行委員としても協力させていただいてます。
道の駅にトラックを作ったりなどと言ったかなり大掛かりなイベントなので
イベント成功に向けて様々な方がただいま影で一生懸命で動いてます。
人のつながりの大切さ、イベントの準備の段取りなど大事なことを教えてもらってます。


それでは今日はこのへんで。次の更新は来週になりそうです。
いつも見てくださっている方々本当にありがとうございます。
みなさんよい週末を!

山口

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。