上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぽこっとに店舗が追加されました。

有限会社 静嘉堂
大沢室内工芸
さん

なんと創業は明治30年!現在4代、5代で百十数年、室内装飾、表具全般を手掛けてられています。

と同時に「室蘭手わざの会」代表でもあります。
1990年より、技術力を地域の歴史と文化として表現するために、異業種職人を集めて結成されました。

「室蘭は文化不毛の地とか言われるけど、そんなことないことを証明したかった」とおっしゃっていました。

20年間で活動を終了することのことで来年で終わってしまうのがなんともさびしいところですが、また新たな展開を考えられているようです。



活動初期の頃の作品です。書からのイメージで額を創作されています。
逆に表現したいものに合わせて書も書いてもらうこともあるようです。
基本的には表現するためならなんでもありのようです。

「表具・表装は脇役で受けたものをきっちり仕上げる仕事だけど、これからは自分から技術だったりっていうのを表現してアピールするのも大事だと思う。」

いろいろな話を伺って伝統技術を絶やすことなく新たな可能性を探し続けてられることなどいたるところに職人魂みたいなのを感じました。

あとかなり釣りが好きみたいですね(笑)


今回の手わざ展の作品も掲載いたします。




間近で見ると見入っちゃいますね。日本の心、伝統文化の魅力を改めて感じさせられます。


最後にぽこっとの話ですが、大沢さんのページより新たな機能の追加です。

紹介ページにタブがつきました。1ページだけじゃ表現しきれない場合もやはりでてきましたし、こちらもそのぐらい気合い入れて紹介したいのでうれしい限りです。

それでは今日はこのへんで。  山口

室蘭手わざ展は2009年2月9日まで開催中ですので、是非お時間を見つけて足を運んでみてはいかがでしょうか?詳細はこちら

手わざの会の詳細はこちら


有限会社 静嘉堂大沢室内工芸

スポンサーサイト


「子育て大発見サイト あいぽこ」にて子育て特集第2弾の公開をいたしました!
第2弾は「冬でも楽しく遊びに行こう!②」ということで
「モモンガくらぶ」さんの特集です。

「モモンガくらぶ」は自然豊かな登別市鉱山町のふぉれすと鉱山で「自然と人とのふれあいを通じて、
自然を五感で感じる楽しさ、自然の大切さを感じてほしい」との願いで運営されています。
子どもから大人まで一緒に自然体験ができるイベント1年を通じて開催している「モモンガくらぶ」の
活動内容と魅力をご紹介いたします。
詳しくはこちらにてご覧下さい。


子育て大発見サイトあいぽこ
http://ai-poco.com/


山口
イベントのご案内です。

第19回 手わざ展
ものづくりの心技を

◆会期◆
2009年2月4日~9日(最終日3時迄)

◆会場◆
丸井今井室蘭<7階 特設会場>

あんまり写真載せると行く楽しみがなくなると困るので軽く紹介です。


表具 大澤幸一郎さんの作品です。歴史と実績に裏打ちされた伝統技術を創作作品で表現されています。創業百十数年の成せる技でしょうか。「伝統技術を守り伝えてゆくことと、新たな可能性を追求していきたい」とおっしゃっています。


凧絵 笹山恵弘さんの凧です。ぽこっとで紹介させてもらっている「お食事処味しん」の店長でもあります。焼きそばも凧もうまく作れるなんてずるいですよね。
「凧は平和の象徴。戦争のないところでしか凧は揚げれない。」いろんなところで凧を揚げられています。「今年は景気悪いから大黒様書いてみたよ!」って言ってました。拝むといいことあるかもしれませんね!


ところでどうして会期前に写真撮れているのかというと・・・


なんとLANも今年は展示です!

代表の大澤さんに

「手わざ展に出してみないかい?」

「いえいえ、職人じゃないですし。僕がデザインしてるわけでもないですし・・・」

「看板屋さんもいるし俺はそういうのもありだと思うぞ。これからの技術だし。」

「・・・じゃあ何かのご縁なので。」

ということでパネルと情報誌を展示させてもらいました。
かなり即席パネルですし、やっぱりちょっと浮いてるような気がしないでもありませんが、出すと決めたらからにはしっかりアピールしてきました!手わざの会員の方を2名紹介させてもらってますしね!


先週からパネルを作ってて思ったことは、

1990年より19年間、技術力を地域の歴史と文化として表現するために集まった職人集団の手わざ展に出展させていただいて光栄なこと。

そしてこのような人たちの魅力を表現するのが僕の仕事であること。

会場に展示しているもの、インターネット上で公開しているものは、LANだけで創り上げているものではなく、素晴らしいデザイナー、webページやシステムを構築してくれる人、プロジェクトで協力してくれている人たちと一緒に創り上げているものだと改めて実感しました。そんな人たちと一緒に仕事できていることへの感謝の気持ちでした。

第19回 手わざ展
ものづくりの心技を

◆会期◆
2009年2月4日~9日(最終日3時迄)

◆会場◆
丸井今井室蘭<7階 特設会場>


是非お越しを!!丸井さんも大変な時期ですが、たくさんの人が訪れることの願います!
それでは今日はこのへんで。

山口
こんにちわ。山口です。ただいまあいぽこに協力してくれるボランティアさんを募集しております。

子どもやママ・パパたちが、安心して楽しく暮らせる子育て環境を一緒に実現させましょう!


「チームあいぽこ」参加者 大募集!
第1回募集期間は 2009年3月11日(金)まで

◆募集について◆
「子育て支援プロジェクト あいぽこ」は子どもやママたちが安心して楽しく 子育てをするためにできました。西胆振の魅力的な遊び場、イベント、幼稚園情報などをまとめて、2008年に「子育て大発見ガイドブック あいぽこ」を発売、「子育て大発見サイト あいぽこ」を開設しました。そしてこれから子どもやママたちが本当に必要な情報を充実させて発信するためには、実際に子育てをしているママや地域の人々の応援が必要です!ぜひ一緒に楽しい安全な子育て環境を作り上げていきましょう!

◆「チームあいぽこ」の活動内容◆
1. 特集記事のレポーター
「子どもが安心して楽しめる公園やイベントの写真撮影や感想レポート」など、特集記事におけるテーマの検討、取材、
写真撮影、記事作成のお手伝い

2. 掲載情報の企画・検討
「子どもを連れていける飲食店を知りたい!」「夜間やってる病院の情報が充実してくれたら助かるのに!」などといった充実してほしい情報の掲載の検討、情報収集、取材、写真撮影などのお手伝い

3. アンケートの配付・集約・集計、イベントのお手伝いなど

◆「チームあいぽこ」に関するQ&A◆
Q1. 「チームあいぽこ会議」はどのくらいの頻度で開かれますか?
A1. 月1回程度です。

開催場所も募集地域が西胆振と広い範囲なので、出来る限りいろんな地域で開催して、参加してもらいやすいように
します。また毎回必ず参加しなければならないということではないので、気軽に参加して下さい。

Q2. 子どもと一緒に参加しても大丈夫ですか?
A2. 大丈夫です!

安心して子どもと一緒にいれたり、遊べたりできる場所で用意しますので、ご安心下さい。

Q3. 募集に条件などありますか?
A3. 特にありません。

ただ、ボランティアでの参加となりますので、交通費などはお支払いできません。出来る限り負担のかからないよう
最善は尽くします。なお、「この地域の子育て環境をもっとよくしたい!」という情熱のある方など大歓迎です!

◆お申し込み・お問い合わせはこちら◆
子育て支援プロジェクト あいぽこ 担当:山口
TEL:080-3235-8983
FAX:0143-59-7181
E-mail:info@ai-poco.com

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。