上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月20日をもちまして

LANは 株式会社LAN となりました。


情報の向こうの感動をつなげるために


と新たなキャッチフレーズとロゴを携えて
今まで以上により多くの方々に多くの感動をつなげれるように
精励いたす所存でございます。
そして今後ともよろしくお願い申し上げます。


株式会社LAN 代表取締役 山口雄平




スポンサーサイト
登別活性化部会の活動の様子を特集していただけることになりました。
※放送時間が決定しましたので、再アップです。

D!アンビシャス -熱きどさんこ魂-
STV(札幌テレビ放送) 番組の詳細はこちら

『自分たちの代から新たな“湯のくに・登別温泉”を作り上げろ!(仮)』

放送日:2009年11月22日 12:25~12:55


詳細は「登別温泉活性化部会」のブログにて




個人的には取材していただけるテレビ局さんや、この企画に参加していただいた方々、登別観光協会、イベントを陰で支えてくれてるメンバー、部会のメンバーにただただ感謝です。

そして更なるおもてなしの実現を目指したいと思います。

日ハムの優勝パレードの後の放送となりますので、時間のある方はぜひご覧下さい!


それでは今日もよい一日を!

山口
ホームページを制作させていただきました。




 夢元 さぎり湯様 ホームページはこちら


言わずとしれた登別温泉の温泉銭湯です。
さぎり湯さんのファンの方も多いのではないでしょうか?

魅力の1つはまず「お湯が濃いこと」があげられます。
 ・加水
 ・加温
 ・循環(ろ過含む)
 ・消毒処理(又は入浴剤使用)
をしていないこと。

そして湧出量が少ないため、登別温泉ではさぎり湯さんでしか楽しめないお湯もあるということです。
温泉を供給している会社が運営している強みでしょうね。


もう1つの魅力として1996年の改装以来変わらない「390円」という入浴料ですが、これには1つエピソードがあります。


登別温泉のために働いてもらってる人達に入ってもらう温泉がない。


ということで、気軽に温泉を楽しんでもらい、日ごろの疲れを癒してほしいとのことで、さぎり湯さん(以前は別名)が誕生し、390円の入浴料となったそうです。





実はまだこれから「イメージムービー」「歴史の詳細」などの情報を追加予定です。
これから登別温泉の歴史、そしてお湯について更に詳しく調べて、みなさんに魅力として伝えられることを楽しみにしています。


開湯150年を迎えた登別温泉。開湯前の先住民の方から現在に至るまでに様々なエピソードが残っています。
湯のくに手形や今回のホームページ制作でその歴史に触れることができたこと、新たな形に残るものを創らせてもらったことを誇りに、そして感謝いたします。


山口





夢元 さぎり湯様 ホームページはこちら

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。